自動車保険 乗り換え 等級

自動車保険のノンフリート等級が下がるケース、下がらないケースをご紹介していきます。事故を起こし、自動車保険を使ってもノンフリート等級が下がらないケースもあるので注意が必要です。

自動車保険 乗り換え 等級 ≫ 自動車保険のノンフリート等級が下がるケースをご紹介

自動車保険のノンフリート等級が下がるケース、下がらないケースをご紹介していきます。事故を起こし、自動車保険を使ってもノンフリート等級が下がらないケースもあるので注意が必要です。

事故を起こしてしまうと、必ず等級が下がると思っている方もいるようです。事故を起こして保険を使えば、原則的にはノンフリート等級はが下がるもの。ですが、事故の種類にも3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故の3つがあり等級が下がらないノーカウント事故もあるのです。

ややこしいのが、事故を起こして保険を使うとついてくる「事故有係数適用期間」というもの。2013年にできた制度なのですが、この事故有等級制度についても後ほどご説明させていただきます。

3等級ダウン事故

まず最初に3等級ダウン事故からご説明させていただきます。文字通り3つ等級が下がる事故のことを3等級ダウン事故と呼びますが、その事故は人身事故や物損事故、自損事故なども含む対人・対物事故。1等級ダウン事故やノーカウント事故以外のすべての事故となります。

具体的な例としては

 歩行者をはねてしまい、対人賠償保険を使った
 他人の車や塀などにぶつけ、対物賠償保険を使った
 駐車場で車を擦って車両保険を使った

このような事故が3等級ダウン事故となりますが、重要なのが保険を使うか使わないか。どんな事故を起こしても保険を使わなければ等級が下がることはありません。

この例では出していませんが、自分の責任でなく他人にされる事故「当て逃げ事故」も3等級ダウン事故になります。保険契約者に責任が無くても3等級下がる事故があることも知っておいてください。

1等級ダウン事故

1等級ダウン事故の範囲は以下の通り。

①火災・爆発(飛来中または落下中の物以外の他物との衝突・接触、転覆、墜落を除く)
②騒じょう、盗難、労働争議
③竜巻、台風、洪水、高潮
④いたずら(他者によるもの、他の車と衝突・接触によるもの除く)や落書き
⑤窓ガラス破損(飛来中または落下中の物以外の他物との衝突・接触、契約車の転覆、墜落によるものを除く)
⑥飛来中または落下中の他物(飛び石、ひょう、落石など)との衝突
⑦その他偶発的な事故により生じた損害(他物との接触・衝突、墜落、転覆によるものを除く)

つまり、契約者の責任によるものでないような事故が1等級ダウン事故となります。1等級ダウン事故は3等級のダウン事故よりも影響が少ないと気軽に使ってしまってはいけません。1等級ダウン事故でも大きな負担になるからです。

これは事故有等級制度が関係してくるのですが、これについては後ほどご説明していきます。

ノーカウント事故

ノーカウント事故は以下のような事故になります。

 搭乗者傷害保険
 人身傷害補償保険
 無保険車傷害保険
 ファミリーバイク特約
 弁護士費用等補償特約
 これら保険金の組み合わせ

このように、保険や特約などを使うだけの事故はノーカウント事故とされます。ノーカウント事故は保険会社により微妙に変わってくることもあります。
事故を起こして3等級も下がってしまうなら、いっそのこと保険を解約して、また新しく入り直したほうがいいのではないかと思う方もいるようですね。自動車保険を新規で始めた場合、6等級からのスタートとなるので、リセットできると考えるのです。

ですが、事故後に解約し、新しく契約してもダウンした等級はリセットされることはありません。3等級ダウン事故では事故有係数適用期間が3年間となりますが、全く車を運転しない生活を13ヶ月間過ごせば、3年を待たず強制的に等級をリセットすることはできます。

この13ヶ月間というのは保険会社感で事故者の情報を共有している期間のことですが、どうしても早く等級を戻したいというケース以外では使わないほうがいいでしょう。安心したいがために保険に加入する人が、まったく車を運転しない生活を送るというのは難しいことだと思いますから。

例えば3等級ダウン事故を起こした場合、何年で元の等級にもどるのでしょう。たとえば15等級の方が3等級ダウン事故をおこすと事故有の12等級となります。それから事故有13等級、事故有14等級となり、4年後に無事故15等級になります。この、「事故有」と「無事故」の違いが事故有係数の違いになります。

事故有係数とは

事故有係数というのは2013年のノンフリート等級制度の改定でできた制度。保険を使うと「事故有」の低い割引率が適用されて保険料の負担分が大きくなります。

自動車保険の保険料は事故を起こすリスクによってランク付けされています。その算定基準になるのがノンフリート等級で、リスクが高ければ保険料が高くなり、リスクが低ければ保険料も安くなります。

ノンフリート等級は無事故を続けていれば一年ごとにアップしていき、保険料の割引率が高くなっていきます。この割引率の使い方が、2013年に事故有係数ができる前は不公平だったことからできたのが事故有係数なのです。

等級の違いによる保険料負担を事故リスクに合わせて公平にするため導入された事故有係数ですが、事故有の割引率と無事故の割引率を以下にご紹介します。

20等級 44%(事故有) 63%(無事故)
19等級 42%(事故有) 55%(無事故)
18等級 40%(事故有) 54%(無事故)
17等級 38%(事故有) 53%(無事故)
16等級 36%(事故有) 52%(無事故)
15等級 33%(事故有) 51%(無事故)
14等級 31%(事故有) 50%(無事故)
13等級 29%(事故有) 49%(無事故)
12等級 27%(事故有) 48%(無事故)
11等級 25%(事故有) 47%(無事故)
10等級 23%(事故有) 45%(無事故)
9等級 22%(事故有) 43%(無事故)
8等級 21%(事故有) 40%(無事故)
7等級 20%(事故有) 30%(無事故)
6等級 19%
5等級 13%
4等級 2%
3等級 +12%
2等級 +28%
1等級 +64%

事故有係数の適用期間は最大6年間。複数回事故を起こしても事故有係数の適用は6年間となります。この適用される期間を「事故有係数適用期間」と言いますが、3等級ダウンで3年間、1等級ダウン事故で1年間、事故有係数が適用されます。
2013年のノンフリート等級制度改定前には存在していなかった事故有係数。事故有係数が無い時は自動車保険の割引率適用に不平等感があったようなのです。

冷静になって考えてみると、、

A 事故を起こして13等級へ下がったドライバー
B 無事故で13等級へ上がったドライバー


の両者が同じ割引率というのは、平等ではないと誰でも思うことでしょう。13等級まで順調にアップしてきたドライバーにすると、特に不満は無く、事故で13等級へ下がったドライバーからしたら得した感があるようで、どちらにも不満は無さそうです。

では、なぜ事故有係数ができたのでしょう。その理由ははっきりとはしていませんが、同じ13等級であっても、事故を起こして13等級と、無事故で13等級のドライバーでは、今後事故を起こす確率が違うという統計結果が出たようなのです。これは保険会社からしたら気になるところ。

そこで誕生したのが「事故有係数」だと思っています。事故を起こしたドライバーには事故有係数を適用し、事故有係数適用期間の内は低い割引率を適用することで、両者の平等感を高めていきました。

両者の割引率の違いは先ほどご紹介したとおり。事故有係数は、利用者から出てきた声ではなく、保険会社の方から適用を求めていた制度と言えそうです。

Copyright © 2018- 自動車保険 乗り換え 等級