自動車保険 乗り換え 等級

自動車保険を解約し、他車へ乗り換える際の注意点をお伝えし、乗り換えの前に行なうこと、無駄を省くチェックポイント、解約から他車乗り換えまでの手続きの流れをご紹介していきます。

自動車保険 乗り換え 等級 ≫ 途中解約して他車へ乗り換える時の注意

自動車保険を解約し、他車へ乗り換える際の注意点をお伝えし、乗り換えの前に行なうこと、無駄を省くチェックポイント、解約から他車乗り換えまでの手続きの流れをご紹介していきます。

今の自動車保険の内容が不安で途中解約したくなった。他車の安い自動車保険に乗り換えたくなり、自動車保険の途中契約をしたくなったなど、契約途中で気が変わるということはよくあること。でも、その際には違約金がでることはないか?気になることでしょう。

基本的には自動車保険を途中で解約しても、基本的には違約金がでるようなことはありません。一括で事前に一年分の保険料を支払っていたとしても、未消化期間分の保険料を全額ではありませんが、払い戻してもらえます。解約の手続きはさほど難しいものでもなく、比較的簡単に解約することができるでしょう。具体的には解約したい保険会社に連絡し、送付された書類に必要項目を記入して送り返すだけです。

自動車保険の解約手続きは簡単なのですが、次の保険会社へ乗り換えを予定しているなら、次保険の開始日まで空白期間を作らないように注意してください。保険会社の乗り換えが目的なら、解約する前に現在の保険で内容を変えて満足できないか検証しましょう。

さまざまな検証をして、他車乗り換えを決めたなら、解約払戻金を受け取ることをお忘れなく。一括支払いしている場合は保険期間通算特則で等級継承できるのか?なども調べ、あとで後悔してしまわなよう納得行く乗り換えをしてください。

現在の補償内容、無駄のチェック

自動車保険の途中解約に躊躇する方もいるでしょう。一度契約したからには契約満了まで待ってから解約しなければいけないという無言のプレッシャーを勝手に感じている方もいるかもしれません。ですが、途中解約は別に禁止されているわけでもなく、正当に与えられた権利ですので解約することに問題はありません。

普通は車を手放す時や他社乗り換え時に解約手続きを行なうことになりますが、それ以外の理由でも問題はありません。損保会社などの自動車保険を途中解約することを解約と言いますが、途中解約は可能で違約金が出るようなことはないので安心してください。

自動車保険を解約する時の手続きは簡単ですが、自分の車を手放すという時や、海外へ仕事で長期赴任するというケースでは少し面倒になるかもしれません。途中解約するよりも中断証明書を発行する場合もありますからね。なんにしても自動車保険を乗り換えるのなら、今より充実した補償内容になることを確認し、後悔しないと決めて手続きするようにしてください。

少しでも後悔しそうだという気持ちがあるなら、乗り換えの前に現在の保険内容を見直してみましょう。以下に簡単なチェック項目を挙げますので参考にしてみてください。

・いらない補償、不要な特約はないか?
・運転者の条件は適切か?
・年間走行距離、使用目的は適切か?

 
自動車保険を解約し、他社へ乗り換える時は解約払戻金を忘れずに受け取るようにしましょう。残り期間の保険料を全額受け取ることはできませんが、保険会社ごとに決められた短期料率というもので算出した金額を払い戻してもらえます。

ちなみに、契約期間が長ければ戻ってくる金額の割合は高く、残り期間が短いほど戻ってくる金額の割合は低くなります。

保険同士の空白期間を少なくする

 保険会社を乗り換える時には、前の保険を解約してから次の保険契約を開始するまでの空白期間を作らないように。できるだけ短くするよう心がけてください。空白期間に車を運転し、万が一大きな事故を起こしてしまったら、取り返しのつかないことにもなりかねませんから。他社乗り換えでなく、車を廃車にする場合でも、契約は廃車する日よりも後にすると安心です。

また、保険会社を乗り換える時は等級を引き継ぐこともできます。空白期間が8日以上空くと、そのまま等級を引き継ぐことができず、またはじめから(6等級から)やり直すことになります。前の契約会社と後の契約会社との間でしっかりと解約、契約作業を進めていきましょう。

Copyright © 2018- 自動車保険 乗り換え 等級