自動車保険 乗り換え 等級

自動車保険の保険料を効率よく抑えることはできないのか?できるだけ簡単な手続きで済ませたい。そんなあなたへ保険料を抑える具体的な方法をご紹介。簡単な節約方法をお伝えしていきます。

自動車保険 乗り換え 等級 ≫ 自動車保険の保険料を抑える具体的な方法

自動車保険の保険料を効率よく抑えることはできないのか?できるだけ簡単な手続きで済ませたい。そんなあなたへ保険料を抑える具体的な方法をご紹介。簡単な節約方法をお伝えしていきます。

自動車保険の保険料、あなたはおいくらですか?自動車保険の保険料は高い人だと20万や30万では収まらない人もいます。万が一のときのために必要なものではありますが、その万が一はなかなか起こることがないもの。そこで、なんとか節約したいと考える方のために、保険料の節約の仕方、具体的な方法をいくつかご紹介していきます。

とはいっても、実際にどのようなことをしたらいいのかすぐには思い浮かばないでしょう。どうすれば効率よく保険料を安くすることができるのか?具体的に挙げるとすれば、以下に示すような項目が挙げられるでしょう。

 保険会社を変更
 補償内容の変更
 等級継承
 運転者限定の変更
 使用目的の変更
 特約の再確認

これらを全て実行することができれば10万円の経費削減も夢ではありません。では、具体的にはどうやっていけばいいのか?それをこれから詳しくご説明していきます。

まずは最初の「保険会社の変更」です。保険会社が違えば補償内容も違ってきます。契約する保険会社によって大幅に保険料が変わるということは珍しくはないのです。例えば、代理店型自動車保険で年間12万円とします。ほぼ同じ補償内容でもダイレクト型保険で算出してみると7万円ほどということもあります。

ダイレクト型保険というのは、テレビコマーシャルや広告などで最近みかけるようになってきた通販型保険とも呼ばれるもの。ダイレクト型保険はインターネットを通じて、電話を通して営業マンと直接会うこともなく契約をすることができます。なぜ、このようなことができるのかというと、人件費を極限まで抑えているので、その分を保険料へ還元できるのです。

ですので、あなたが代理店型の自動車保険に加入しているのであれば、代理店型へ変更。いま代理店型に加入している方は、さらに安いダイレクト型保険を探してみましょう。

 
補償内容の変更については車両保険、保証限度額、搭乗者障害の項目の見直しをします。保険料の削減に大きな効果は望めないかもしれませんが、やっておいて損はありません。

車両保険には一般型車対車限定型の2つがあります。一般型はどんな事故でも補償され、車対車では相手が車の場合だけ補償を受けられるものと考えると簡単です。どちらも自分が負担する金額を設定することで保険料を抑えていきます。どういう風にすればいいというものは無く、一般的には10年以上の古い車なら車両保険無し。5年以上10年未満という車は車対車限定型を。新車から5年以内の車なら一般型を選ぶと良いとされています

次に補償限度額についてですが、補償限度額を最大限下げたとしても、年間で削減できるのは千円ほど。万一のリスクのことを考えると、補償限度額を変えることはあまりおすすめできません。最低限の補償は付けておきたいところです。

最後に搭乗者障害を外すという方法ですが、これは搭乗者障害を付けている場合に使える方法です。単に搭乗者障害を外すだけなので単純です。人身傷害を起こした場合、実費分の補償付くプラスアルファが搭乗者障害。このプラスアルファが無くなるだけと考えると理解しやすいのではないでしょうか。実際に削減できる金額は年間3,000円ほどですが、簡単にできる削減方法と言えるでしょう。

 
等級継承は車の増減がある時に使える節約術。家族で車を購入したときに家族間で等級の入れ替えをすることができます。等級継承というのは、例えば親の等級を子供へ継承するといったもので、通常6等級からスタートとなるものが、親に譲ってもらった等級からスタートすることができます。

家族の中で誰かが車の購入を考えているなら、迷わず購入して等級継承しましょう。場合によっては10万円以上もの節約効果を期待できます。

ただし、等級継承には注意点があります。それが家族の範囲と同居親族という条件。等級継承の家族というのは同居している親族のことで、別居状態では等級継承することはできません。近く別居する家族が対象であれば、同居しているうちに早めに等級継承を済ませておきましょう。

運転者限定の変更

自動車保険で普通に行われているのが運転者の限定です。限定なし、家族限定、本人・配偶者限定、本人限定のどちらかを選ぶことでの3つを選ぶことで保険料の金額を決めていきます。運転者限定の変更をする場合は、誰が運転者になる可能性があるかをしっかり考えましょう。

限定なし、家族限定、本人・配偶者限定、本人限定のそれぞれで金額も違ってきますが、最大で9千円近くの保険料削減が望めます。ですが、運転者を限定するのに悩まれる方もいらっしゃるでしょう。そんなときには私生活に対する影響はどうかを考え、デメリットが大きいと考えれば高い補償の方を選ぶといいでしょう。
自動車保険の使用目的は各保険会社により違ってきますが、概ね以下の3つに大きく分けられます。

 業務使用
 通勤、通学使用
 日常、レジャー使用


使用目的で判断する基準は月に15日以上使用するかどうかです。週に一回程度の通勤使用では「日常、レジャー使用」になってしまいますので注意しましょう。使用目的の違いで削減できる金額は15,000円ほど。これが高いかどうかで判断してみてください。

実際のところで言えば、業務使用から日常・レジャー使用へと変更することはないでしょう。15,000円の削減というのは業務から日常へ変更した場合です。実際に使用目的を変更するのは一段階上げるか下げるかでしょう。現実的には削減できる金額は8,000円程度になるでしょう。

特約の再確認

自動車保険で以外に犯しがちなのが補償や特約の重複です。家族の中で、どれか一つの車に付けておけば家族全員を保証してくれる補償や特約があります。契約時にしっかり確認していないと重複はおこりやすいもの。以下の点に気をつけて重複しているものが無いかを確認してみてください。

 弁護士費用特約
 ファミリーバイク特約
 個人賠償特約
 人身傷害


この中で一番大きいのがファミリーバイク特約で9,000円ちょっとの削減が見込めます。残りの弁護士費用特約、個人賠償特約、人身傷害は1,000円から3,000円程度。全部重複していたとしたら15,000円ほどの削減が見込めます。

各保険会社によっては契約している自動車の搭乗者だけ補償できることもありますので、このような方法があるということを覚えておくといいでしょう。
以上が私が考える自動車保険の保険料を抑える具体的な方法です。これらを全て実行し、効率よく費用をすることができれば10万円以上の削減も夢ではありません。とはいっても、リスクマネジメントは人それぞれに考え方も違うでしょう。必要なものは必要と判断するのも大切なことです。

最も効果的なのは保険会社の変更です。最近メジャーになり、メディアでの露出度も高くなった通販型保険はとても注目されています。通販型というのはインターネットを通して契約できるもので、インターネットを通して通販型自動車保険の一括見積りをすることができます。

一括見積を利用されたことがある方ならご存知でしょうが、簡単な情報入力で最大20社もの保険会社の見積を一度に算出することができるのです。簡単な入力事項というのは、、

・現在乗っている車の車種、年式、走行距離など
・車両保険や損害賠償限度額など補償内容に関するもの
・ご自身の情報(メールアドレスや名前など)


一括見積で出された金額で、そのまま契約できるわけではありあせんが、一応の目安として見る分には問題ありません。こういう誰でも使える便利なサービスを利用して、効率的に保険料削減をしていきましょう。

Copyright © 2018- 自動車保険 乗り換え 等級